FC2ブログ

さすらいひとり旅

知らない街を歩いてみたい 夢遥かひとり旅


 川面に群れている“ユリカモメ”。次の瞬間、餌に誘われてご覧の通りです。寒さが続くある冬の日の黄昏時です。そろそろ太平洋側にも雪が舞いそうです。
 雪と言えば風花といる言葉がありました。静岡以外ではあまり頻繁には使われない様ですが。

 camera.gif 2018. 1.13  
180113001.jpg

180113002.jpg

180113003.jpg

 NHK文芸選評・俳句の兼題「風花」、読売新聞「ポケモン・たのしい方言」『やっきりする』。いずれも遥かなる昔、転勤で静岡にいた頃の記憶が蘇りました。
 雪があまり降らない静岡。当時、雪がチラついた時、「あっ雪だ」と私。知人が「いや風花だ」。初めて風花と表現することを知った瞬間です。
 CMとして誕生し後に静岡の新民謡になった「ちゃっきり節」。よくふざけて「ちゃっきり ちゃっきり ちゃっきりよ きやァる(蛙)が啼くから雨づらよ」を捩り、酒の席で「やっきり やっきり やっきりよ」と歌ったものです。まだ他にもいろいろありました。「サン・トワ・マミー」を静岡弁で歌うとか...(余談) 懐かしいなぁ~。