さすらいひとり旅

知らない街を歩いてみたい 夢遥かひとり旅


 稲穂を渡る風に誘われて海辺から里山へ。色づき始めた稲穂が実る夕暮れ間近な田園地帯です。
公園の一角にある蒲の池。近寄れば蒲は穂をつけています。遊歩道には落ち葉が舞い、晩夏の情景を演出していました。暫しのんびりとポタリングしました。

170903001.jpg

170903002.jpg

170903003.jpg

170903004.jpg

170903005.jpg

170903006.jpg